高齢出産ガイド TOP ⇒ 高齢出産とはなにか 高齢出産の定義

高齢出産の定義

高齢出産とは、女性の年齢が35歳以上の時に子供を出産することが、統計上または医学上の定義だとされています。とはいえ、35歳を過ぎたからといって出産の危険性が一気に上昇するというわけではなく、高齢出産のリスク自体は30歳を迎えた辺りから少しずつ上昇していくものなのです。つまり、35歳だからいきなり危険というわけでなく、状況によってはそれ以下の年齢(30歳前後から)でもリスクは存在するということです。

「高齢」という言葉を聞くと高齢者のことを思い浮かべるかもしれませんが、高齢者とは60代以上の方を指す言葉ですので、高齢出産の「高齢」とは全くの別物です。そのため勘違いされやすいのは確かですが、35歳以上という定義は妊娠・出産において通常の出産時におけるリスクとは違ってくるため、分類するためにこうして名付けられたというわけです。高齢者の「高齢」と高齢出産の「高齢」は別物であることを覚えておきましょう。

高齢出産は基本的に、母体に対して大きな肉体的負担があるものと考えられています。とはいえ身体的にも未成熟な年齢での出産に比べればリスクは低いほうですが、20代の方と比べれば負担は大きいということです。第一子で高齢出産になるケースは、現代において増えつつあります。しかし基本的には第二子以降の出産が高齢出産となるケースのほうが多いのは確かです。

基本的に35歳以上の方が出産に臨むことを高齢出産と言いますが、身体的な状況次第では、30歳前後の方でも同等のリスクが発生する場合もあります。


高齢出産とはなにか


イモバックス 副作用
イモバックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

アミティーザ
アミティーザなら医療関係者向け情報サイトで