高齢出産ガイド TOP ⇒ 高齢出産とはなにか 高齢出産の現状

高齢出産の現状

厚生労働省統計情報部の発表によれば、2005年に40歳以上で出産した女性は2万348人で、1958年以降47年ぶりに2万人を超えたということです。その中で35歳以上の出産は全体の16%にまで上り、うち第一子出産が3人に1人と同統計において確認されました。

現代において高齢出産が増加している理由は、女性の晩婚化であると言われています。最近では女性も仕事に打ち込む方が多く、そういった状態では仕事における責任感などを重視してしまうため、結婚して家庭を持つということを避ける方も多いのです。もちろん、それがいけないことだとは言いませんが、これによって高齢出産が増えてきているというのも、紛れもない事実ではあるのです。

生き甲斐を持って仕事に打ち込み、晩婚して高齢出産に臨むことになるのは、人それぞれの事情もありますし、他人にとやかく言われることではありません。人によっては、自分自身が仕事をすることによって経済的に余裕を持たせてから結婚したい、という風に考えている女性もいますし、晩婚化がデメリットばかりを生むわけではないのです。

晩婚化によって高齢出産が増えつつある現状ですが、人それぞれの思想や生き甲斐があるため、それを意図的にコントロールするのは不可能でしょう。ただ、現代において高齢出産が増えつつあるというだけのことです。もちろん二十代のリスクが低い時期に出産へと臨めるのが理想でしょうが、人それぞれの事情がある限り、これを強要することはできません。


高齢出産とはなにか


タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!