高齢出産ガイド TOP ⇒ 高齢出産とはなにか 高齢出産と不妊

高齢出産と不妊

女性の妊娠力は33歳以降を境に低下し始めるものだと言われています。更に37歳を過ぎた時点で、妊娠力は急激に低下するというのも定説の一つです。高齢出産となる35歳を過ぎてから「そろそろ子供が欲しい」と思うようになる方も多いようですが、それでもやはり20代で出産に臨むのと比較すれば、妊娠すること自体が困難になっているのは確かなのです。

高齢出産の妊娠力は、更に歳を重ねていくごとに低下していきます。例えば35歳の時よりも40歳の時のほうが妊娠力は低下しますし、それ以降でも同様です。50歳以上となって閉経して妊娠そのものが出来なくなるまでにも、妊娠力が低下していることで子供を授かることが難しくなる場合もあるのです。タイムリミットは50歳以降、閉経するまでであると覚えておきましょう。

年齢が高くなることでなぜ妊娠しにくくなるのか、それは母体の卵子の質が劣化(もしくは老化)してしまうせいです。これは加齢によって加齢によって起こることですので仕方ありませんが、卵子の質が劣化すると妊娠しにくくなるだけでなく、染色体異常が起こる可能性もあります。それに伴って新生児のダウン症が発生する可能性も高まってしまいます。

歳を取れば妊娠しにくくなり、50歳以上となって閉経すると妊娠そのものをしなくなります。人工ホルモンを注射することで超高齢出産に臨むケースも海外では見受けられますが、日本では今のところ難しいでしょう。高齢出産でも良いから子供が欲しいとお考えの場合は、50歳以上の閉経までがタイムリミットであるということを覚えておきましょう。


高齢出産とはなにか


タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!