高齢出産ガイド TOP ⇒ 妊婦の病気 高齢出産は危険なのか

高齢出産は危険なのか

確かに高齢になると、卵子が劣化してしまうという事実は否めません。その為に染色体異常が起こり易くなり、ダウン症児の誕生につながることは、高齢出産の特徴でもあります。ただ発生率は1000人に一人の確率で、発症率自体は低いほうです。とはいえ実際の確率が何パーセントであろうと、発症してしまった人にとっては100%です。高齢出産に臨むのならば、少なからず覚悟は必要でしょう。

実際のところ、高齢出産は女性の身体に対して大きな負担を与えることは多いです。特に第一子の出産が高齢出産のケースなら、その負担は更に大きくなり、早産・流産などといった危険も高まります。また第二子以降が高齢出産であった場合、第一子が高齢出産であるケースよりも多少はリスクが下がりますが、産まれてくる子供に染色体異常などが起こってしまう可能性については変わりありません。

社会通念の変化などにより、現代では高齢出産は増加の傾向にあります。昔と比べれば不妊治療などは格段に進歩しており、それによって高齢出産に臨む機会も増えてはいるのですが、母体にかける負担という点ではそれほど違いはありません。母体が高齢となるごとに、妊娠のための能力は徐々に減っていっているのです。

また女性ほど加齢の影響が顕著ではありませんが、男性も高齢になると子供を作りにくくなるようです。どちらにせよ高齢出産に臨む場合は、負担に関してそれなりの覚悟をしなければならないといえるでしょう。


妊婦の病気


バーベキュー レンタル
《BBQ(バーベキュー)レンタル》東京都内近郊、格安食材有り!手ぶらバーベキューなら設置から片付けまでお任せのBBQわーるど!