高齢出産ガイド TOP ⇒ 妊婦の病気 静脈瘤

静脈瘤

妊娠中に疲労感、だるい、足が重い、足が張った、夜間のこむらがえり、足のむくみなどが出たら静脈瘤だと考えられます。静脈瘤というのは静脈が膨らむことで発病する循環器系の病気で、妊娠期においては子宮の拡大が骨盤内の静脈を圧迫することが原因で発症するとされています。妊娠している方だと全体の一割ほどは発症するほど頻度は高いです。

妊娠中は発症しやすい静脈瘤ですが、出産を終えると発症したうちの八割から九割ほどは自然に消えていくという特徴があります。そのため、妊娠中は静脈瘤を無理に取り除こうとはしないのが基本で、出産を終えた後に静脈瘤が消えない方に関しては治療を施すという形になります。ただし、患部として発症しやすいのは足・外陰部・膣で、重症の場合は激しい痛みを伴うため、症状が重い場合は主治医と相談する必要が出てくるでしょう。

元々、静脈瘤というのは男性より女性のほうが発症しやすい病気です。また遺伝的な問題もあり、親族など血縁の方に静脈瘤を起こしたことがあるという方がいれば、発症の可能性は更に高まります。加齢によっても発症率が高まりますので、高齢出産に臨む方だと発症の可能性はかなり上昇するでしょう。これらの状況を鑑みて、静脈瘤は妊娠期において最も発症しやすいということが分かります。

妊娠中における静脈瘤は、妊娠中は治療せず出産後に治療するのが基本です。症状は辛いでしょうが、出産が終わるまでは出来るだけ安静にし、身体をいたわってあげられるようにしましょう。


妊婦の病気


ホイールアライメントの調整
について