高齢出産ガイド TOP ⇒ 先天性異常 遺伝子突然変異

遺伝子突然変異

DNAを複製する際のミス・何らかの化学物質によるDNAの損傷および複製ミス・放射線照射によるDNA、あるいは染色体の損傷・トランスポゾンの転移によって遺伝子が破壊されるなど、遺伝子突然変異は様々な要因によって引き起こされます。これらは夫婦間で意識したところでどうにもなりませんし、また妊娠・出産前に夫婦が自身の遺伝子を事細かに調べ上げるケースもほとんど無いため、遺伝子突然変異が起こったとしても発覚するのは出産後になるでしょう。

遺伝子突然変異に関しては、起こした当事者が非常に優秀に成長したり、寿命が大きく伸びたりと、生存に関して有効に働く場合もあります。これは生物の進化とも言えるものですが、遺伝子突然変異が有効に働くケースは、基本的にごくわずかであると言えます。

遺伝子突然変異の多くは、遺伝子の損傷・染色体異常などというように、生命にとって不利に働き、また様々な疾患を起こす原因となることがほとんどです。正常なはずの細胞が変異を起こすこともあるわけですから、これが原因で「がん」などといった疾患の原因になることもあり、危険性はかなり高いとされています。

遺伝子突然変異に関しては、それ自体は発症頻度も少なく、またどのような結果を生み出すか測りかねます。不確定な要素が多い分、予防・治療なども困難であるとされ、また変異した遺伝子が次世代へ絶対に遺伝するというわけでもないので、人の手によって操作するのは現実的な話ではないとされています。


先天性異常


レーシック
レーシックなら患者さんとの信頼関係を重視する吉野眼科で!