高齢出産ガイド TOP ⇒ 社会情勢と高齢出産 個人主義の浸透

個人主義の浸透

晩婚化に拍車をかける要因として、就労によって得た金銭的・時間的な余裕を自分自身のために使用し、それによって満足感を手に入れるため、結婚せずに独身の状態で留まろうとする方も多く見受けられます。以前なら独身の状態では社会的に抵抗があるとされ、結婚を急ぐ方も多かったのですが、現代においてその意識は大きく低下しています。結婚しないことに対しての社会の概念も変わってきており、独身でいようと考える方は増加の傾向にあります。

個人主義というのは、そもそも個人の独自性・自律性を尊重する考え方です。以前は社会主義の概念が根深く、そのため独身であったり晩婚であったりすると「行き遅れ」などと揶揄されてしまうこともあり、また一方的に社会への貢献度が低いなどと思われることもありました。現在ではそのような意識は低下していますが、しかし今度は高齢出産のリスクが飛び出してきているのです。

高齢出産にもメリットが無いわけではありませんが、それでも身体的な負担を考えると、やはり若いうちに出産を行えるのが良いかもしれません。経済的・精神的に問題が無いという方であれば、二十代のうちに出産できるほうが良いのも確かです。

しかし個人主義といえば、個人を一人一人数えていけばまさに十人十色。晩婚どころか、結婚自体を避ける方もいます。もちろん個々の価値観の問題なので、良い悪いは無いのですが、ただこれによって独身・晩婚が増えているという事実は存在します。


社会情勢と高齢出産


ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/

ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/