高齢出産ガイド TOP ⇒ 社会情勢と高齢出産 女性の家事育児負担

女性の家事育児負担

キャリア女性にとって、結婚は自分のキャリアを捨てることに近いというのが、日本の現状であるといえます。家事や育児の負担を夫婦で共有することを許す社会状況が到来することが、晩婚化を防ぐテーマともいえます。男女同権が進みつつある現代において、上方婚志向・下方婚志向などといった男女それぞれの観念も変わってくれば、あるいは晩婚化が解消されることもありうるでしょう。

女性だけが家事育児を負担することに不満を覚えるという声は、過去から現代にかけて多く上がってはいます。昔なら取り合われることもなかったのでしょうが、男女同権が声高に謳われることもある現代では、女性だけに家事育児を押し付けるべきではないとの考えが強くなっています。

実際のところ、育児に関しては夫の理解も必要で、時として手助けは必ず必要になる場面もあります。男女同権とまではいかなくとも、夫が進んで手助けをしてくれるのなら、育児はかなり楽になるでしょう。結婚してからも夫が家事育児を手伝ってくれるということがわかっていれば、晩婚化も減少していくかもしれません。仮に共働きであるのなら、夫婦で家事育児を負担しあうのは当然といえるでしょう。

男女同権の概念を抜きしたとしても、夫は進んで家事育児を手伝うべきでしょう。共働きであるならなおさらです。ただ、だからといって今度は夫にばかり家事育児を押し付けるようになっては、本末転倒という他ありません。何事もバランスは大切です。


社会情勢と高齢出産