高齢出産ガイド TOP ⇒ 社会情勢と高齢出産 少子化

少子化

晩婚化は当然ながら少子化の傾向を生み出します。また、社会状況が子育てに対して十分なケアをする体制になっていないことも、結婚はするが子供は作らないという状態を生んでいるのです。体制に関しては一般の視点から解決するのは難しいですが、せめて個々の観念を確固たるものにし、少子化への対策とするべきかもしれません。

晩婚化は高齢出産のケースを作り出し、高齢出産は不妊などを始めとして子供を産みにくくさせる要因となりえます。このため少子化に繋がるわけです。女性一人あたりの生涯出産数が少なくなってしまう原因として、この晩婚化と高齢出産があるのですが、これを解決するのは様々な要因も複雑に絡まりあってくるため、やはり容易ではありません。また独身状態を維持したい方が増えていることも、少子化の要因です。

日本において、少子化は深刻な現状となっています。1980年ごろから出生数・出生率は減少の一途を辿っており、このままでは日本経済に破局的事態が訪れる可能性も否定できないほどです。やはり未婚化・晩婚化が大きな要因の一つであることは確かで、男女同権などの思想ばかりが先走ってしまうため、需給バランスも取れなくなっていることが原因であると言えるでしょう。

また育児には相当の資金が必要とされることもあり、この辺りの体制を何とかしないことには、少子化の促進を止めることは難しいかもしれません。理性的かつ合理的で、確固とした制度の確立が求められます。


社会情勢と高齢出産